おすすめ記事

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | コメント(-)

女「今日も一緒に帰ろう!」

引用元: 女「今日も一緒に帰ろう!」

1: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)12:37:16 ID:MME
男「うん……わかった」

女「それじゃアタシ、部活だから終わるまでまっててね」

男「うん……」


2: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)12:38:42 ID:MME
部室

女「おつかれー」

女友「うん、おつかれ。合唱コンクール近いし、頑張ろう!」

女「そうだね、まずはもう一度全体で合わせよっか!」

教室

男「女さんが部活終わるまでどうしよう……」

男「僕は携帯電話も持ってないし」

男「宿題でもやろう」

3: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)12:45:17 ID:MME
部室

顧問「よし、今日は終わり!」

女「はあー疲れた」

女友「今日も頑張ったねー」

女友2「そういえば、この間さー」

女「えーマジで!? ヤバい!」

女友「もしかしてあれなんじゃない?」

ワイワイ……

校門

男「……」

男「女さん遅いなあ……」

男「宿題終わっちゃったよ……」

4: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)12:47:53 ID:MME
一時間後

女「あ! 男くん!」

男「女さん……終わったの?」

女「あーそれでさ、今日は部活の友達とカラオケ行くことになったから」

男「え?」

女「また明日ね、バイバイ」

男「うん……」

5: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)12:49:57 ID:MME
翌日

帰り道

女「それでさー、女友がさー」

男「うんうん」

女「そうだったのよ。ヤバくない!?」

男「うん、わかるよ」

女「あはは、やっぱり男くんは面白いね!」

男「あ、ありがとう」

女「じゃあまた明日、一緒に登校しよ!7時に駅で待ち合わせね」

男「うん……(早いなあ)」

7: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)13:11:16 ID:MME
翌日

男「まずい、待ち合わせに遅刻した!」

女「ちょっと、男くん?」

男「はい……」

女「待ち合わせに遅れるなんて、どういうつもり? アタシ10分も待ったんだけど?」

男「ごめん……」

女「罰として、お昼奢ってね」

男「え!?」

女「なに? そっちが悪いんでしょ?」

男「はい……」

9: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)13:21:00 ID:MME
昼休み

女「じゃあアタシは、A定食ね」

男「はい……僕はうどんで……」

女「あ、女友ー!」

女友「あ、女? 一緒に食べない?」

女「うん、わかった!」

男「え?」

女「それじゃ、そういうことだから。食券もらうね」

男「あ……」

女友「それでさー」

女「えー本当!?」

男「……」

12: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)15:08:33 ID:MME
放課後

女「じゃあ今日も待っててね」

男「あの……」

女「なに?」

男「今日、みたいテレビがあるんだけど……」

女「は?」

男「……」

13: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)15:17:35 ID:MME
女「なに? テレビが見たいっていう理由でアタシと帰るのを断るの?」

男「いや、その」

女「テレビなんていつでも見られるでしょ? 録画でもすればいいし。それより、それともアタシのこと、友達と思ってないの?」

男「そ、そんなことないよ!」

女「じゃあ、待っててくれるよね?」

男「はい……」

14: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)16:37:11 ID:MME
土曜日

男「出掛けてくるよ」

母「あら、今日も女ちゃんと遊ぶの?」

男「……うん」

母「いいわねえ、あんな可愛い娘が遊びに誘ってくれるなんて。あんた友達いないんだから、女ちゃんに感謝しなきゃダメよ?」

男「わかった……」

母「いってらっしゃい」

男(そうだ、せっかく女さんが誘ってくれるんだから、喜ばないと……)

16: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)18:31:04 ID:MME
繁華街・待ち合わせ場所

男「女さん遅いなあ。公衆電話から電話かけよう」

女「ああ、男くん?」

男「どこにいるの?」

女「××服屋だよ。繁華街の外れの」

17: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)18:35:04 ID:MME
男「なんでそこにいるの?」

女「友達と会って話してた」

男「そうなんだ……」

女「じゃあ、こっちに来てくれる?」

男「え?」

女「店の前で待ってるからねー」

男「切れちゃった……」

18: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)18:53:46 ID:MME
××服屋前

男「ここにいるはずなんだけどな。もう一度電話をかけよう」

女「もしもし、男くん?」

男「どこにいるの?」

女「買いたい本があってさ。それがすごい面白そうなの!」

男「うん」

19: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)18:59:31 ID:MME
女「それでさ、女友とその本のことでメールしてたらいてもたってもいられなくてさ」

男「うん……それでどこにいるの?」

女「あー、待ち合わせ場所の近くにある本屋だよ」

男「そうなんだ……」

女「じゃあ、こっちに来てね」

男「え!? あ、切れちゃった……」

20: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)19:45:40 ID:MME
本屋

女「男くん遅い!」

男「だ、だって大分距離あったし」

女「ほら、今日は買いたいものいっぱいあるから、早く行くよ!」

男「うん……」

21: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)19:49:53 ID:MME
アクセサリーショップ

女「うーん、このペンダントもいいし、この指輪もいいな」

男「そうだね」

女「どっちが似合うかなあ?」

男「女さんには、こっちじゃない?」

女「アタシじゃなくて! 女友にあげるの! 男くんも真面目に考えてよ!」

男(女友さんにあげるって、初めて聞いたよ……)

22: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)19:59:35 ID:MME
四時間後

女「今日は欲しいものいっぱい買えたね!」

男(僕は女さんに着いていっただけだったな……)

女「じゃ、明日も買い物に付き合ってね」

男「え?」

女「どうしたの?」

男「いや、明日はちょっと……」

24: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)20:02:36 ID:MME
女「何かあるの?」

男「ええと……(明日はゆっくりしたいな……)」

女「どうせ家でゴロゴロしてるんでしょ。だったら付き合ってよ」

男「あの……」

女「家でゴロゴロしてるより、外に出たほうが有意義だよ?」

男(でも、女さんに着いていっても、僕の行きたい場所には行ってくれないし……)

女「はい、決まり! また明日ね」

男「はい……」

25: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)20:12:04 ID:MME
男宅

男「ただいま」

母「お帰りなさい。楽しかったでしょ? あんな可愛い娘と遊びに行ったんだし」

男「えーと……」

母「何よ、楽しく無かったって言うの!? あんたねえ、あんな娘あんたには勿体ないくらいだよ! せっかく誘ってくれるんだから、もっと喜びなさい! 失礼よ!」

男「はい……」

部屋

男「そうだ、女さんが誘ってくれるんだし、明日も行かないとなあ……」

27: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)20:54:13 ID:Dew
月曜日

男「今日も女さん遅いな……」

学級委員「あれ、男じゃん」

男「学級委員くん、まだ残ってたの?」

学級委員「ああ、委員会が長引いてな。あれ、お前帰宅部じゃなかったっけ? お前こそどうしたんだよ?」

男「うん、女さんを待ってるんだ……」

学級委員「え?」

28: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)20:59:52 ID:Dew

男「一緒に帰ろうって言われたんだ」

学級委員「あれ、女って合唱部だよな?」

男「うん」

学級委員「ということは、お前とは帰る時間違うよな?」

男「うん」

学級委員「……お前、誰かと話していてこの時間まで残ってたのか?」

男「いや、ずっと一人だったよ」

29: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:04:25 ID:Dew

学級委員「一応確認するけど、お前が一緒に帰ろうって言ったの?」

男「いや、女さんが部活終わるまで待っていてって」

学級委員「……」

男「……どうしたの?」

学級委員「……お前と女って付き合ってるの?」

男「ううん、友達だよ」

学級委員「お前……何も感じないの?」

男「え?」

学級委員「いや……女は自分の都合でお前をこの時間まで残らせているんだぞ? それについて何も感じないの?」

31: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:06:44 ID:Dew
男「でも、女さんが一緒に帰ろうって誘ってくれたから……」

学級委員「そうじゃなくてさ、お前はどうしたいの?」

男「え?」

学級委員「だって、放課後は自由に使える時間のはずだぜ? お前だって、今までの時間で部活なりバイトなり出来たはずだ。それを自分の都合で奪った女に何も感じないの?」

男「そ、それは……」

学級委員「まあ、お前がいいんだったらそれでいいけどさ。少し考えた方がいいぜ」

男「……」

32: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:12:52 ID:Dew
十分後

女「男くーん!」

男「女さん……」

女「さて、帰ろうか」

男「うん……」

女友2「……」

33: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:16:40 ID:Dew

帰り道

女友2「ねえ、女友」

女友「ん、なに?」

女友2「女と男くんって付き合ってるの?」

女友「いや、友達だって言ってたよ」

女友2「そうなの? なんかおかしくない?」

女友「なにが?」

34: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:22:27 ID:Dew

女友2「だってさ、男くんって帰宅部でしょ? 部活も無いのに、この時間まで残って女を待ち構えているのって気味悪くない?」

女友「確かに……」

女友2「女って優しいからさ、友達にいない男くんにも手を差し伸べちゃったから、勘違いしてるんじゃない?」

女友「そうかも」

女友2「一度、私たちでビシっと言った方がよくない?」

女友「そうだね、明日二人で男くんに文句言おう」

35: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:24:21 ID:Dew

翌日

教室

男「今日も女さんは部活か……」

女友2「ちょっと男くん」

男「なに?」

女友2「話があるの、ちょっと来て」

男「う、うん」

36: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:26:34 ID:Dew

階段

男「話って?」

女友「あのさ、女に付きまとうの止めてよ」

男「は?」

女友2「は? じゃないわよ。部活も無いのにあんな時間まで残って、女のこと付け回してるんでしょ?」

男「い、いや、その……」

女友2「否定しないってことは、図星なんだ」

男「ち、ちが……」

女友2「ねえ、これ先生に言った方がよくない?」

38: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:29:04 ID:Dew
女友「そうだね」

男「あ、あの、待って……」

学級委員「おい、ちょっと待てよ」

女友2「なにアンタ? ちょうどいいわ、このストーカーを先生に突き出すから手伝ってよ」

男「あ、ああ……」

学級委員「待つのはお前らだよ。男はストーカーじゃないぜ」

女友「え?」

学級委員「こいつは女が待つように言ったから待っていただけだ。先生がその現場を見ていたらしいから間違いない」

女友2「そ、そうだったの?」

39: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:32:22 ID:Dew
学級委員「だから、このまま男を突き出せば恥を掻くのはお前らだぜ?」

女友「あ、えーとその、ごめんね男くん。女友2があなたのこと疑うから……」

女友2「ちょっと、何人のせいにしてんのよ!?」

学級委員「あーもういいだろ。この話は終わり!」

女友2「わかったわよ! もう!」

女友「ごめんね本当に……」

40: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:42:49 ID:Dew

昇降口

男「ありがとう、学級委員くん」

学級委員「あんな咄嗟のウソでも信じてしまうもんだな。さて、次はお前だぜ」

男「え?」

学級委員「さっきはお前ひとりじゃどうにもならなそうだから、手を貸した。だが、女との関係はお前ひとりで決着をつけるべきだ」

男「決着?」

学級委員「お前はどうしたい? 女とどういう関係になりたい? それを考えたうえで答えを出して女に伝えるべきだ」

男「僕の、答え……」

学級委員「俺はそれを応援することしか出来ない。だから、お前が答えを出せ」

男「……」

42: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)21:59:50 ID:Dew

放課後

女「なに? 話って」

男「……あのさ」

女「うん」

男「……僕はもう、女さんと一緒には帰らない」

女「え?」

男「僕は早く帰って、家でゴロゴロしたい。ゲームもしたい。漫画も読みたい。だから、女さんを待ってはいられない」

女「ちょっと待ってよ、そんなことのために早く帰るなら、アタシのことを待っていたって……」

男「違う!」

女「……!」

43: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)22:01:25 ID:Dew
男「どんなに外に出て行動したとしても、それが僕のための時間でなければ何の意味もない。僕は僕のために時間を使いたい。決して僕の時間は女さんの物じゃない!」

女「何よそれ。友達のために時間を使えないって言うの!?」

男「僕はそういう人間だったんだ。僕は友達のために時間を多く割きたくはなかった。もっと自分のために使いたかったんだ」

女「でも、人間関係を保つためにはお互いに合わせることだって必要……」

男「じゃあ、女さんは僕に何をしてくれたんだ!?」

女「……」

男「女さんは僕のためと言いながら、自分の時間に僕を巻き込んでいるだけじゃないか! 僕はもっと自分の時間を過ごしたい。女さんのための時間は過ごしたくない!」

女「……」

44: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)22:02:42 ID:Dew

男「だから僕はもう、君と一緒には帰らない」

女「……わかったわ、アンタがそんな人間だとは思わなかった」

男「……」

女「そんな……自分の意見をはっきり言える人間だとは思わなかった」

男(女さんが……笑った?)

女「今までごめんなさい。……さよなら」

45: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)22:03:53 ID:Dew

数日後

男(それから、僕は女さんと一緒に帰ることはなくなった)

男(女さんは合唱部の練習に精を出し、僕は学校が終わったらすぐ、家でゲームをやる毎日を過ごしている)

男(これが、有意義な時間かどうかはわからない)

男(でも、僕は今すごく……気分がいい)

男(そして……)

女「男くん、合唱部のコンサートがあるんだけどさ」

男「うん」

女「もし良かったら、見に来てくれないかな……」

男(……僕は合唱にはあまり興味が無い)

男(でも女さんの歌声を、一回は聞いてみたいなとは思った)




49: 名無しさん@おーぷん 2015/05/14(木)22:25:20 ID:NMu
女がなんで男に執着してたかの理由が見えないのが残念
そこを描いてくれたら100点満点だったが
後味の良さがすごく良かった

50: ◆BEcuACNawuaE 2015/05/14(木)22:31:06 ID:Dew
>>49
まあ、遊び相手にちょうどよかったみたいな感じ
男は誘ったらいつでも来るから女はそれに甘えてた

関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加

[ 2015/05/15 01:43 ] ss | TB(0) | コメント(0)
関連記事
コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。